民間療法で美肌を目指しています

民間療法

近頃は色々なコスメを使うよりも、民間療法が気になっています。

というのも、あまりにコスメの種類を変えすぎて、どれが良いのかわからなくなってしまったからなんですね。ライスフォースにオルビス、SK-IIにクリニーク…。肌荒れしてもどれが原因かわからなくてw

そこで、雑誌で紹介されていた美肌のための民間療法を採用することにしたんです。

民間療法といっても大層なものではなく、身近にある食材などを使ったとっても手軽なものです。その一部をご紹介しますね。

はちみつ
はちみつ

まずは有名なハチミツです。蜂蜜は天然の抗酸化物質が含まれており、保湿成分も豊富。冬場の乾燥の時期には唇に薄く塗ることで天然のリップになるんです。

アロエ

子供の時、火傷をするとアロエでケアされた経験があるはず。私の実家にもアロエの鉢植えがあり、火傷や擦り傷にはいつもアロエを塗っていました。

アロエに含まれるアロインには消炎作用・保湿作用・殺菌作用があるため、火傷にはもちろん、肌のカサつきにもぴったり。ただ、下剤としても用いられるため、食用のしすぎには注意です。

どくだみ
お茶で有名などくだみですが、その葉っぱには抗炎症作用・消炎作用があるため、お風呂に入れて使うとあせもに効果があるそうです。

はちみつやアロエなんて、どこの家にも1つはある食材ですよね。いずれも天然成分なので肌に刺激が少なく、アレルギー反応なども起こりにくい特徴があります。何より安いのも、魅力ですね。

国産の化粧品などはよく考えられて作られているので、肌への刺激やアレルギーに対してそれほど敏感になる必要はありませんが、それでも全く反応がないわけではないはず。

肌の弱い方やお子さんがいる方などは、こうした民間療法に目を向けてみるのも良いのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

naturalskin

Author:naturalskin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR